働くということ




海外から日本に帰国して、4ヶ月が経った。
学生の身分から社会人になり、生活リズムは大きく変わったと思う。学生の時は、研究結果が一番であり週に1回の進捗報告のために、自分の時間を使っていた。

社会人になるとそれが、8時間/日をどう使うかという頭の使い方になる。
決められた時間の中で、どう効率よく動けばバリューを出せるのかが非常に大切だ。ありがたいことに自由な環境で仕事ができていることから、自分の足りない部分を補いながら順応していこうと思う。

"会社で働く"とは

結局、会社での時間よりもそれ以外の時間でいかにインプットできるかが重要なんだと改めて感じる。会社ではアウトプットをし、それ以外でインプットをする。
そのインプットが特定の会社のみに通用する技術や知識であると感じるならば、その仕事に疑問を持つべきなのだろう。

会社で働く=アウトプットをする環境を用意する
くらいの心持ちが良いのかもしれない。

インプットとは

今現在で、自分が興味があり会社でアウトプットできそうなことは何だろうか。
考えられるのは、

  • プログラミング
  • 読書
  • 投資
  • 事業アイディア

この辺りか。
日々会社では、KGI・KPIを意識して会社で働いているのに自分のことになるとなかなかそういうものがなくなるのは不思議だ。

自分のKGI・KPIとは

とりあえず、一つ一つ定めていこう。
KGI:
自分のサービスを立ち上げる立ち上げる

KPI:

  • techpitを元にサービスを月に4つは作る
  • 週に5冊の読書
    • ブログで読書の結果を整理する
  • 投資
    • ポートフォリオ作って、隔週で考察レポートを書く
  • 事業アイディア
    • esa.ioでアイディアを週に3こは書くようにする

今後は

このブログを使って、もう少し会社以外の自分の時間を見直してみようと思う。