分析で考えることとは




データを分析するにあたって考えなきゃいけないことがたくさんあるように思いますが実際にはあまりないです。

というのも複雑なことをできるだけシンプルにしていくのがデータ分析の醍醐味であって複雑なものをさらに複雑にすると言う事は無いからです。

分析をするときに最も大事だと感じる事は、データをどの指標で区切ればうまく分けられることができるか、データの分け方が重要だいうことです。

実際にデータ分析によって、未来を予想したり現状把握をするものであることがほとんどですが、データを何の指標を使って区切ることができるかということも1つ重要な点だと感じます。